So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

気をつけよう訪問販売


仕事が休みなので、今日はケーキ屋さんのスイーツを買いに行こう。

A店 遅いお盆休みなのか2日間の臨時休業 

B店 長らく行かないうちに閉店したのか美容室に代わっていた。

セブンイレブン ここのモンブランは美味しい! だが、ケーキの棚が空っぽだった。 

C店 定休日

ちょっと遠いD店も頭によぎるが、そこまで行ってもし閉まっていたら・・

不本意ながら、いちばん近くの庶民の味方S店でシュークリームとコーヒーゼリーを買う。

あぁ 暑かった〜[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

 

その日、 

時刻は夜の7時40分。

ピンポ〜ンとチャイム。

「・・・ですが〜’&%$#』*+L」

インタホンの映像は深々と頭を下げて顔が見えない。

何? だれ?

裏口のドアからそ〜っと顔を出すと、寄って来てウェットティッシュを差し出す男。 

どちらさん?

ここで初めてY新聞だと名乗る。

新聞の勧誘だったのだ。

それからがしつこい! シツコイ!situkoi ![ちっ(怒った顔)] [ちっ(怒った顔)] [ちっ(怒った顔)]

話の途中でドアを閉めてやった。

 

敵も考えたもんだ。

どうにかしてドアを開けてもらえるようにね。

わざとごまかして「・・・ですが」って。

「聞こえません」って言えばよかった。 

わざとインタホンに映らないようにして。

「顔が見えません」って言えばよかった。

物騒な世の中だからね。

包丁隠し持ってるかもしれないし。

今回はただの新聞勧誘員だったけど、いい勉強になった。


みんな、気をつけてね。

うかつにドアを開けちゃダメよ! 

 

 

 ノウゼンカズラ

     nouzenn3.jpg

 おそろしく増えてきたので、片っ端から抜いていたら

  DSCF1474.JPG

          こんな色になってしまった [目]

         暑苦しい色だ〜 

 

 チェリーセージのホットリップ

 hottorippusu.jpg 

   赤と白のツートンカラーだったのに

   DSCF1475.JPG 

      赤いのと白いのに分かれてしまった。

              こっちははこの方が好き [るんるん]

 


nice!(17)  コメント(9) 

倶利迦羅紋紋(くりからもんもん)

 
娘の結婚式に披露した楽器演奏。

その音合わせで息子たちが来た時のこと。

駐車場のオーナーに空いているところを使わせてくれるよう許可を取っておいた。

車に何か取りに行った長男が、なかなか戻らないので、オトウサンが迎えに行った。

そのオトウサンもなかなか戻らないので、私が見に行くと、

何やら揉めてる・・・

なになに? どうしたん?


付いてみると、 

「ここはオレが借りてる場所や!」 

そう言う揉めてる相手は、


袖から出てる青い・・・


  あ!、倶利迦羅紋々!![がく~(落胆した顔)]


                     不自然に上がった眉も入れ墨のようだ。



こりゃいかん!

 

よし、ここで私は女優になる。

ちょっと厚かましくて、人のいいおばちゃんバージョンで !

 
「いや〜 ニイチャン、えらい申し訳なかったなぁ。」

しかしオトウサン、許可を取ってるので自分に非はないとまだ言いたそう。

それを制する私。

「悪かったね〜 すぐに退けますわ。」


「いやな、オレも別のところへ泊めようかと思ったんやけど、それもまた迷惑かかると思ってな。

車にワックスかけながら帰ってくるのを待ってたんや。」 

「ほんまに? えらいすみません。 

    もう晩ご飯の時間やのに、待たせてしもうたなぁ。」

「いや、かまへん。まだワックスかけなあかんし。」


長男の車は、庭に詰めたら入るので移動させた。 

そして私は帰り際にもう一度、


「早よ帰ってご飯食べてな〜 悪かったね〜」

「いや、かまへん。」

 

オーナーさんの勘違いでとんだ災難になるところだった。

面白い事件に終わったのでよかったけど。

 

後で聞いたところ、

倶利迦羅紋々のニイチャンは、私が来てから態度が一変したんだそうだ。

私の演技能力は大したもんや。 

 「コワカッタ〜」 ってオチも言わなあかんかったね。

 


nice!(17)  コメント(15) 

ドライブ

 
お盆休みは暇やねん・・・と、車を持たない娘夫婦。

なら、ドライブ、いっしょに行く? 

 

 松花堂庭園

 DSCF1434.JPG

               DSCF1441.JPG 

京都吉兆が併設されていて、松花堂弁当が頂ける・・・んだけど、

最低料金が四千円。

昼間っから贅沢すぎるので却下。

1人1500円の焼き肉バイキングにした。

さあ、遠慮なく食べてくれ〜 

 

ご飯の後は

ケーブルに乗って 

 DSCF1448.JPG 

 

    石清水八幡宮 

              DSCF1457.JPG

        DSCF1454.JPG

    DSCF1462.JPG 

 

私たちも新婚の頃は車がなくて、よく親に連れてってもらったなぁ。

車買ったら、こんどは私たちを連れてってね。

 


nice!(18)  コメント(12) 

花山さん

 

「人生はうまくいくように出来ている」


結婚する娘に向けてのメッセージカードに、そのように書いた。

単純でセンスのよい言葉になったと思う。

 

式の当日そのカードを受付に渡す。

ふと見ると、私のメッセージのあとにオトウサンの字で、

「それはオトウサンがフォローしてるからで、云々・・(長々と)

   人生はプラスマイナスゼロなんだよ なんたらかんたら・・(長々と)」

 

私の単純明快でセンスの良いメッセージが台無しやんか!

それにプラスマイナスゼロなんて言葉はあかん!

幸せ絶頂の娘に、後から不幸が来るんだよって言ってるようなもの。

オトウサンはセンスないなぁ。 

 

 

 

ところで、この方をご存知? 

  DSCF1415.JPG 

 NHK「とと姉ちゃん」出てくる花山さん。


ドラマは10歳で父を亡くし二人の妹のために父親代わりになる常子の物語。

父親を亡くした娘は山ほどいるし、今までの話の中で面白いところはひとつもなかった。

ある日の新聞に、

「やっと花山(花森)さんが出て来ましたね 」

           と書いてある読者の記事を見た。

唐沢寿明演じる編集長、花山さんはどんな人なんだろう。

そして、書店で目に入ったこの本。

これがまあなんと、衝撃的であった。

 

 

  DSCF1417.JPG

額が1ミリでも歪んでいると気になるタイプの人らしいが、

レモンの影の出し方、青リンゴの配置、全て全て、

0,1ミリのズレも許されないくらい、完璧な構図になっている。


イラストも色も数々の名言も

  DSCF1419.JPG

  DSCF1420.JPG 

 隅々まで隙のないセンスの良さ[ぴかぴか(新しい)]


人間的にはドラマの花山さんより、もっと破天荒で面白い人だったようだ。 

「とと姉ちゃん」が楽しみになった。 

 

 

私の卒業制作のポジフィルム 

  DSCF1428.JPG

パソコンなんぞなかったので、文字は雑誌や新聞からの切り抜き。

レイアウトを見せる作品。

モチーフは動物、植物、無機物を描いて、

そのうちから、いちばん向いている物を先生が選んででくれた。

いちばん力が入っていたカボチャ。

当時から食い意地が張っていたんやね。 

  DSCF1427.JPG  

隅々まで隙だらけの作品だけど、

知らなかった花森さんを無意識に真似してる。 

 

 


nice!(30)  コメント(14) 

披露宴

 
ドリンクは飲み放題だから遠慮なくおかわりしてね
 
 20160723縺オ縺ソ遨らオ仙ゥ壼シ・IMG_2810.jpg
 
娘がそう言っていたのでね ウキウキ[るんるん]
 
待ち合いのドリンクはオシャレでステキ[ぴかぴか(新しい)]
 
どれにしようかな[揺れるハート]  青リンゴのソーダを・・
 
 
「お母様、リハーサルですのでどうぞこちらへ」
 
え〜、まだひと口しか飲んでない〜 [あせあせ(飛び散る汗)]
 
 
リハーサルが済んだらもう披露宴会場に案内される。
 
(ちゃうちゃう! とにかく目まぐるしくてそんな気がしたけど、リハーサルの後は本番があったんや!)
 

さっきの青リンゴのソーダは?
 
あのプリンみたいな色のも飲みたかったのに・・・ [もうやだ~(悲しい顔)]
 
 
 
娘は安室ちゃんのcan you celebrateで登場
 
 20160723縺オ縺ソ遨らオ仙ゥ壼シ・IMG_3006.jpg 
 
  
 
 
そして、入念に企画して
 
ここであっと言わせようと
 
お色直しで登場した二人、
 

 
       [るんるん][るんるん][るんるん][るんるん][るんるん][るんるん][るんるん] 
 
 20160723縺オ縺ソ遨らオ仙ゥ壼シ・IMG_3127.jpg 
    
   [るんるん][るんるん][るんるん][るんるん][るんるん]      [るんるん][るんるん][るんるん][るんるん][るんるん]     [るんるん][るんるん][るんるん][るんるん][るんるん]
        
    娘の振り付けを一生懸命練習したんやろうね
 
                      ぎこちない新郎・・・   [わーい(嬉しい顔)]   
 
 
 20160723縺オ縺ソ遨らオ仙ゥ壼シ・IMG_3134.jpg
 
 
 20160723縺オ縺ソ遨らオ仙ゥ壼シ・IMG_3151.jpg
  
          捉えられたオトウサンと私 [あせあせ(飛び散る汗)]
 
 
   DSCF1390.JPG
 
    オトウサンのサックス
     
     盛り上がりはこっちに持って行かれちゃったかな
 
                娘はちょっと悔しがってると思う
 
   
         DSCF1395.JPG
 
        新郎はダンスの振り付けもギターも内緒で練習してたんだね 
  
 
 
 
 そして、感極まるこの場面
 
 20160723縺オ縺ソ遨らオ仙ゥ壼シ・IMG_3169.jpg 
 
 
   この娘からの手紙を、どこかに落として来たアホな私 [ふらふら]
 
 
     「また書いたろか?」 
      
      「うん・・」 
        
 
                 
 

nice!(26)  コメント(14) 

失敗したところは

 
古くて汚かった お風呂
 
 DSCF1236.JPG
 
雑念とした脱衣と洗面台
 
 DSCF1234.JPG 
 
 
床のタイルはなんでこんな色なんやろと一日に何度も思ったトイレ
 
       DSCF1233.JPG 
 
 
 
 
  DSCF1336.JPG
 
 
目ん玉飛び出る金額と一週間の日数で
           美しく生まれ変わった
 
 
 DSCF1350.JPG 
 
    DSCF1351.JPG
 
 
でもね、
 
なんだかウキウキ感が・・
 
  全然ないのよ・・・ 
 
 
 
 
 DSCF1411.JPG 
 
美しい洗面台なのだけど、ここでお化粧する気になれない。
 
窓の代わりに明かり取りをつけたけれど、何の意味もなく薄暗い。
 
人工的な照明で化粧はできん! 
 
 
 
やっぱりこれを 
 
 DSCF1409.JPG
 
      捨てる運命だったこれ、
 
       愛着のある鏡台を窓のある脱衣のほうへ
 
          私はこっちで化粧する!
 
 
 DSCF1414.JPG 
  
   また狭くなるけど、これでいい
 
 

nice!(25)  コメント(9) 

この日のために


 DSCF1378.JPG
 
  ケーキカットのあと 
 
  DSCF1389.JPG
 
                 [るんるん] 星に願いを [るんるん]
 
 
 
 DSCF1394.JPG 次男
 
           DSCF1391.JPG 長男
 
                オトウサン  DSCF1390.JPG
 
 
 
 DSCF1395.JPG
 
           サビのところで新郎が加わり 
 
 
 DSCF1399.JPG 
       サプライズは大成功 
 
 
   DSCF1306.JPG
            我が家に集結して音合わせの風景
 
 
オトウサンはこの日のために誰にも内緒でサックスを習いに行っていた。
 
ギターを5本も持ってる長男だけど、私は長男がギターを弾くのを今回初めて見た。 
 
日頃横着者の次男なのに、いちばん練習をして来ていた。 
 
新郎はというと娘と職場が同じなので、ほとんど練習もできず、
 
しかも内緒で、よく頑張りました。エライ!
 
 
 
 
「ステキなご家族ですね」
 

   うちってステキな家族?
 
       そうだったのか
 
 
 
(音源をアップする方法がわかりません。容量が大きすぎるとかなんとかで・・ ) 
 
 
           

nice!(18)  コメント(8) 

ついにこの日が


 4Ta4rTpSxrsgX3DdO5hWpBy9lPKHpq.jpg
 
       娘の結婚式でした 
 
 
 
 
 

nice!(27)  コメント(17) 

6枚の座布団


父の一周忌だった。

仏壇のある部屋に、だいたい人数分の座布団が敷いてあって、

お参りに来た親戚たちがそれぞれに座る。

足が痛くて椅子の方がいい人や、用事で途中で抜ける人がいて、

真ん中あたりの座布団が6枚、並んで空いていた。 

なぜか誰もそこに座ろうとしない。 


6枚、空いてるなぁ・・・

念仏を唱えながらそう思った。


あ、ちょうど6枚! 

先に亡くなった父の兄弟たちが!

きっとお参りに来てくれてるんやね。

兄弟姉妹、6人が並んで座っている情景が頭に浮かぶ。

仲のいい兄弟だったからね。 

 

 


nice!(21)  コメント(10) 

額(がく)


通りすがりにどなたかの個展を見た。

風景や花の日本画で、ステキに飾られていた。 


自分が展覧会に出した時のこと。

今まで人様に見てもらう機会がなかったので、絵を額に入れるところから。

額選びの基準は何なんだろう。

額屋さんはプロなので、自身の感性で額を出してくれる。

アドバイスを受けながら選んだのだけれど、 

今まで額に関しては無関心だったので、はたしてこれが良いのか悪いのか。


その個展を案内してくれる女性に額のことを聞いてみた。

「額は画廊が用意します。先生は描くだけです。」とのこと。

画廊側が額屋さんに全てお任せと言う形らしい。

「先生はお忙しいから額を選んでる余裕はないのよ。」 

ふ〜ん・・

では売ったらおしまいみたいな・・? 

 

画家は自分の絵がどのような形で飾られてる(売れられてる)のかは興味薄なんだろうか。

絵を縁取るいちばん外側まで自分の作品として責任を持ちたいとは思わないのだろうか。

 

額も自分で作れたらいいなぁ。


nice!(31)  コメント(10) 
前の10件 | -