So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

衝撃写真


新車を買った娘夫婦が、それに乗ってルンルンでやって来た。
 
娘婿は、かつて営業で車を乗り回していたけれど、
 
経理に移動してから3年、ほとんど運転していないそうなので、
 
それはそれは安全運転で、うちの車庫に入れる時もオトウサンがイライラしてました。
 
 
「オカアサン、これ 」
 
「あ、写真出来たん!?」
 
お待ちかねの結婚式のアルバム。
 
 
しかし、
 
 
え〜 これ、私とちゃう!!
 
私だけじゃなくて、義姉も義妹も不細工やわ。
 

式場のカメラマン、ローアングルの写真が多くて、
 
若い人はいいけど、年齢を重ねるとこれはあかん!
 
タルんでるところが強調されて、老けて写ってる。
 
 
それに、
 
めちゃ太ってる・・・
 
 
 
太ってるし、老けてる・・
 
老けてるし、太ってる・・・・ 
 
 
これが真実やて? 
 
でもね、いっしょに買ったデータの中には、もうちょっとマシなのがあるのに、
 
何もこんな不細工な写真使わんでも。 
 
 
そりゃあ、
 
新郎新婦は美しく写っていましたけどね。 
 
 
それでいいんやろけど。
 
 
 
 

nice!(21)  コメント(14) 

何も買えなかった

 

   DSCF1586.JPG 

                   DSCF1580.JPG 

   DSCF1583.JPG 

信楽

美術館もあるし、陶芸体験も出来るお店がいくつもある。

平日なのでお休みの店も多く、ひっそり。

なにか欲しいとは思うけど、人がいないと購買意欲がわかない。

オトウサンが娘にお土産を買う。 

 

 

後日、引き出物のカタログで選んだ神戸の高級店でランチ。

 DSCF1593 2.JPG 

その引き出物カタログをくれた娘といっしょにね。 

   オトウサンから預かったお土産はすり鉢とすりこぎ。 

 

 DSCF1593.JPG 

本格割烹のお店、カウンターに近い席で、

      お料理が全てアツアツの出来立てで感動 [揺れるハート]

 

 

前に、この辺で買った靴が履き心地よかったので同じ店で買おうと思い、

行ってみたのだけど、

高架下のあの靴屋さん、どこへ・・・

わずか2年ほどのあいだにお店はずいぶん入れ替わっていた。 

 

  DSCF1598.JPG

     ケーキセット

       ポットカバーがかわいい

 


nice!(19)  コメント(13) 

同調


シンンクロニシティというのだろうか。

少し若い友人がいる。

彼女とは20年ほど前に勤務していた会社で知り合った。

時々メールしたり、年に1〜2回会う程度なのだが、

会って話をするたびに、不思議だなあって思うのである。

年ははっきり知らないけど、5歳ぐらい下だと思う。

彼女には、うちの娘より少し年上の娘さんが二人いて、

子供のこと、親のこと、旦那のこと、色々話す。

話の中で、

二人とも同じ時期に同じようなことが起きていて、いつも驚く。 


たとえば、うちのオトウサンが定年間近で転職した時のこと。

彼女のご主人もちょうど同じ時期に転職。

そして、最初の転職は長く続かず、次の仕事で落ち着いていること。

うちもそうだ。

その時期に会った時はその話題だった。 


親の病気。

彼女の母親と私の父が入院した時期も同じだった。

去年の話題は親のことばかり。


子供のことといえば、バタバタと結婚していったうちの3人の兄妹と同じく、

あちらの姉妹も続けて結婚。

初孫も数ヶ月ちがい。

今年の話題は結婚と初孫だった。

 

私はあまり根掘り葉掘り聞くことはしない。

彼女が私と同じ A型の魚座で、同じく弟と二人姉弟だということは最近知った。


知り合った時は全然違うと思っていたけど、不思議だなぁ。 

 

 

  DSCF1558.JPG

           展覧会に誘った。 

 


nice!(27)  コメント(13) 

早く会いたい

 

仕事から帰ってオトウサンと大急ぎで向かう。 

次男から聞いた病院は、新しく出来たみたでナビに載っていない。

Google地図をコピーして、それを頼りに目的地近くまで行くが、

どこよ〜 

病院らしき建物なんて全然見当たらん。

電話で聞きながら案内通りに行くと、

え、ここ?

ホテルとちゃうの!?

 

まるでホテルのようだけど、オシャレな英文字で○○クリニックと書いてある。

 

入り口で手をアルコール消毒して、エレベーターに乗る。

ドアが開いたら次男夫婦が出迎えてくれていた。 

 

 

 

 DSCF1550.JPG  

 

         [ぴかぴか(新しい)][かわいい]生まれたのよ[かわいい] [ぴかぴか(新しい)]

 

「○○(次男)とそっくり!!」

「女の子ですけど 」

次男嫁とその繰り返しでした [わーい(嬉しい顔)]

 


nice!(31)  コメント(20) 

すいぞくかん  

 
 海だー!
 
 DSCF1509.JPG
 
 
海の見えるお食事処 
 
 DSCF1502.JPG
 

 
 「こんな贅沢せんでも 」
 
「なに言うてんねん、今日はオトウサンの誕生日やないの」
 
 
 DSCF1501.JPG
 
                        私が贅沢な方ですけど・・
 
 
「最近なに食べても美味しくないねん。味覚障害かなぁ。」
 
そう思ってたけど違いました。
 
本当に美味しかった!! 
 
 
このあと、 
 
サービスエリアで貰ったパンフレットを見て、
 
「あ、ここに行きたい!」 
 
ナビのとおりに行ってみると、こんな所に着いた。 
 
 
 DSCF1514.JPG
 
     DSCF1511.JPG
 
           日本動揺の国(南紀すさみ町)
        あ、まちがえた!童謡の国やね[ふらふら] 
 
 
 
人は誰もいなくて、まるで「千と千尋の神隠し」のよう。
 
 
木々が生い茂ったこの階段を下りて行くと
 
 DSCF1523.JPG
 
 DSCF1524.JPG
 
     向こうに鳥居が見える。
        
            不気味だ・・ 
 
 
 それに行きたかったところは錆び付いた鎖がかかっていて、
 
     もうずいぶん前に閉鎖されたみたい。
 
 
            ますます不気味 [がく~(落胆した顔)] 
 
 
 
「 もう行こうか。」
 
「うん、帰ろう。(怖いし)」 
 
 
しばらく行くと、あ、こことちゃうの?
 
エビとカニの水族館 
 
 
新しく建て替えた らしい。
 
ナビは古い建物になっていたんだね。 な〜んだ。
 
 
 
 DSCF1529.JPG
 
 DSCF1544.JPG
 
 DSCF1535.JPG
 
 DSCF1536.JPG
 
 DSCF1540.JPG
 
  DSCF1538.JPG
 
 
あと、透明のクリスタル貝殻に入ったヤドカリとか、 
      
    おもしろ〜い! 
 
         楽しい〜!
 
 写真撮影もご自由にって書いてありました。
 
 
 
 写真撮影OKといえば
 
 DSCF1485.JPG 
 
     別の日に行ったデトロイト美術館展
 
 
夏休みの間、曜日限定で写真撮影OKだった。
 
SNSにアップできるのは限られてるので、
 
ステキだったピカソの絵は自分だけで楽しむしかない。 
 
 
 

nice!(13)  コメント(6) 

気をつけよう訪問販売


仕事が休みなので、今日はケーキ屋さんのスイーツを買いに行こう。

A店 遅いお盆休みなのか2日間の臨時休業 

B店 長らく行かないうちに閉店したのか美容室に代わっていた。

セブンイレブン ここのモンブランは美味しい! だが、ケーキの棚が空っぽだった。 

C店 定休日

ちょっと遠いD店も頭によぎるが、そこまで行ってもし閉まっていたら・・

不本意ながら、いちばん近くの庶民の味方S店でシュークリームとコーヒーゼリーを買う。

あぁ 暑かった〜[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

 

その日、 

時刻は夜の7時40分。

ピンポ〜ンとチャイム。

「・・・ですが〜’&%$#』*+L」

インタホンの映像は深々と頭を下げて顔が見えない。

何? だれ?

裏口のドアからそ〜っと顔を出すと、寄って来てウェットティッシュを差し出す男。 

どちらさん?

ここで初めてY新聞だと名乗る。

新聞の勧誘だったのだ。

それからがしつこい! シツコイ!situkoi ![ちっ(怒った顔)] [ちっ(怒った顔)] [ちっ(怒った顔)]

話の途中でドアを閉めてやった。

 

敵も考えたもんだ。

どうにかしてドアを開けてもらえるようにね。

わざとごまかして「・・・ですが」って。

「聞こえません」って言えばよかった。 

わざとインタホンに映らないようにして。

「顔が見えません」って言えばよかった。

物騒な世の中だからね。

包丁隠し持ってるかもしれないし。

今回はただの新聞勧誘員だったけど、いい勉強になった。


みんな、気をつけてね。

うかつにドアを開けちゃダメよ! 

 

 

 ノウゼンカズラ

     nouzenn3.jpg

 おそろしく増えてきたので、片っ端から抜いていたら

  DSCF1474.JPG

          こんな色になってしまった [目]

         暑苦しい色だ〜 

 

 チェリーセージのホットリップ

 hottorippusu.jpg 

   赤と白のツートンカラーだったのに

   DSCF1475.JPG 

      赤いのと白いのに分かれてしまった。

              こっちははこの方が好き [るんるん]

 


nice!(21)  コメント(16) 

倶利迦羅紋紋(くりからもんもん)

 
娘の結婚式に披露した楽器演奏。

その音合わせで息子たちが来た時のこと。

駐車場のオーナーに空いているところを使わせてくれるよう許可を取っておいた。

車に何か取りに行った長男が、なかなか戻らないので、オトウサンが迎えに行った。

そのオトウサンもなかなか戻らないので、私が見に行くと、

何やら揉めてる・・・

なになに? どうしたん?


近付いてみると、 

「ここはオレが借りてる場所や!」 

そう言う揉めてる相手は、


袖から出てる青い・・・


  あ!、倶利迦羅紋々!![がく~(落胆した顔)]


                     不自然に上がった眉も入れ墨のようだ。



こりゃいかん!

 

よし、ここで私は女優になる。

ちょっと厚かましくて、人のいいおばちゃんバージョンで !

 
「いや〜 ニイチャン、えらい申し訳なかったなぁ。」

しかしオトウサン、許可を取ってるので自分に非はないとまだ言いたそう。

それを制する私。

「悪かったね〜 すぐに退けますわ。」


「いやな、オレも別のところへ泊めようかと思ったんやけど、それもまた迷惑かかると思ってな。

車にワックスかけながら帰ってくるのを待ってたんや。」 

「ほんまに? えらいすみません。 

    もう晩ご飯の時間やのに、待たせてしもうたなぁ。」

「いや、かまへん。まだワックスかけなあかんし。」


長男の車は、庭に詰めたら入るので移動させた。 

そして私は帰り際にもう一度、


「早よ帰ってご飯食べてな〜 悪かったね〜」

「いや、かまへん。」

 

オーナーさんの勘違いでとんだ災難になるところだった。

面白い事件に終わったのでよかったけど。

 

後で聞いたところ、

倶利迦羅紋々のニイチャンは、私が来てから態度が一変したんだそうだ。

私の演技能力は大したもんや。 

 「コワカッタ〜」 ってオチも言わなあかんかったね。

 


nice!(17)  コメント(15) 

ドライブ

 
お盆休みは暇やねん・・・と、車を持たない娘夫婦。

なら、ドライブ、いっしょに行く? 

 

 松花堂庭園

 DSCF1434.JPG

               DSCF1441.JPG 

京都吉兆が併設されていて、松花堂弁当が頂ける・・・んだけど、

最低料金が四千円。

昼間っから贅沢すぎるので却下。

1人1500円の焼き肉バイキングにした。

さあ、遠慮なく食べてくれ〜 

 

ご飯の後は

ケーブルに乗って 

 DSCF1448.JPG 

 

    石清水八幡宮 

              DSCF1457.JPG

        DSCF1454.JPG

    DSCF1462.JPG 

 

私たちも新婚の頃は車がなくて、よく親に連れてってもらったなぁ。

車買ったら、こんどは私たちを連れてってね。

 


nice!(18)  コメント(12) 

花山さん

 

「人生はうまくいくように出来ている」


結婚する娘に向けてのメッセージカードに、そのように書いた。

単純でセンスのよい言葉になったと思う。

 

式の当日そのカードを受付に渡す。

ふと見ると、私のメッセージのあとにオトウサンの字で、

「それはオトウサンがフォローしてるからで、云々・・(長々と)

   人生はプラスマイナスゼロなんだよ なんたらかんたら・・(長々と)」

 

私の単純明快でセンスの良いメッセージが台無しやんか!

それにプラスマイナスゼロなんて言葉はあかん!

幸せ絶頂の娘に、後から不幸が来るんだよって言ってるようなもの。

オトウサンはセンスないなぁ。 

 

 

 

ところで、この方をご存知? 

  DSCF1415.JPG 

 NHK「とと姉ちゃん」出てくる花山さん。


ドラマは10歳で父を亡くし二人の妹のために父親代わりになる常子の物語。

父親を亡くした娘は山ほどいるし、今までの話の中で面白いところはひとつもなかった。

ある日の新聞に、

「やっと花山(花森)さんが出て来ましたね 」

           と書いてある読者の記事を見た。

唐沢寿明演じる編集長、花山さんはどんな人なんだろう。

そして、書店で目に入ったこの本。

これがまあなんと、衝撃的であった。

 

 

  DSCF1417.JPG

額が1ミリでも歪んでいると気になるタイプの人らしいが、

レモンの影の出し方、青リンゴの配置、全て全て、

0,1ミリのズレも許されないくらい、完璧な構図になっている。


イラストも色も数々の名言も

  DSCF1419.JPG

  DSCF1420.JPG 

 隅々まで隙のないセンスの良さ[ぴかぴか(新しい)]


人間的にはドラマの花山さんより、もっと破天荒で面白い人だったようだ。 

「とと姉ちゃん」が楽しみになった。 

 

 

私の卒業制作のポジフィルム 

  DSCF1428.JPG

パソコンなんぞなかったので、文字は雑誌や新聞からの切り抜き。

レイアウトを見せる作品。

モチーフは動物、植物、無機物を描いて、

そのうちから、いちばん向いている物を先生が選んででくれた。

いちばん力が入っていたカボチャ。

当時から食い意地が張っていたんやね。 

  DSCF1427.JPG  

隅々まで隙だらけの作品だけど、

知らなかった花森さんを無意識に真似してる。 

 

 


nice!(30)  コメント(14) 

披露宴

 
ドリンクは飲み放題だから遠慮なくおかわりしてね
 
 20160723縺オ縺ソ遨らオ仙ゥ壼シ・IMG_2810.jpg
 
娘がそう言っていたのでね ウキウキ[るんるん]
 
待ち合いのドリンクはオシャレでステキ[ぴかぴか(新しい)]
 
どれにしようかな[揺れるハート]  青リンゴのソーダを・・
 
 
「お母様、リハーサルですのでどうぞこちらへ」
 
え〜、まだひと口しか飲んでない〜 [あせあせ(飛び散る汗)]
 
 
リハーサルが済んだらもう披露宴会場に案内される。
 
(ちゃうちゃう! とにかく目まぐるしくてそんな気がしたけど、リハーサルの後は本番があったんや!)
 

さっきの青リンゴのソーダは?
 
あのプリンみたいな色のも飲みたかったのに・・・ [もうやだ~(悲しい顔)]
 
 
 
娘は安室ちゃんのcan you celebrateで登場
 
 20160723縺オ縺ソ遨らオ仙ゥ壼シ・IMG_3006.jpg 
 
  
 
 
そして、入念に企画して
 
ここであっと言わせようと
 
お色直しで登場した二人、
 

 
       [るんるん][るんるん][るんるん][るんるん][るんるん][るんるん][るんるん] 
 
 20160723縺オ縺ソ遨らオ仙ゥ壼シ・IMG_3127.jpg 
    
   [るんるん][るんるん][るんるん][るんるん][るんるん]      [るんるん][るんるん][るんるん][るんるん][るんるん]     [るんるん][るんるん][るんるん][るんるん][るんるん]
        
    娘の振り付けを一生懸命練習したんやろうね
 
                      ぎこちない新郎・・・   [わーい(嬉しい顔)]   
 
 
 20160723縺オ縺ソ遨らオ仙ゥ壼シ・IMG_3134.jpg
 
 
 20160723縺オ縺ソ遨らオ仙ゥ壼シ・IMG_3151.jpg
  
          捉えられたオトウサンと私 [あせあせ(飛び散る汗)]
 
 
   DSCF1390.JPG
 
    オトウサンのサックス
     
     盛り上がりはこっちに持って行かれちゃったかな
 
                娘はちょっと悔しがってると思う
 
   
         DSCF1395.JPG
 
        新郎はダンスの振り付けもギターも内緒で練習してたんだね 
  
 
 
 
 そして、感極まるこの場面
 
 20160723縺オ縺ソ遨らオ仙ゥ壼シ・IMG_3169.jpg 
 
 
   この娘からの手紙を、どこかに落として来たアホな私 [ふらふら]
 
 
     「また書いたろか?」 
      
      「うん・・」 
        
 
                 
 

nice!(26)  コメント(14) 
前の10件 | -