So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

一夜明けたら



地震。


長男は通勤時の電車に乗る前で、引き返して車で出社したようだ。

次男は走行中の電車の中。

止まってしまったので、妻に迎えに来てもらい家に帰ったそうだ。

娘は自転車で通勤途中。

そのまま出社したら、社内は色々散乱していたらしい。


オトウサンは運転中で、

たとえば、橋の上で大型トラックが通った時のような感じだったと言っていた。


強い揺れが来ているとき、

やはり咄嗟の時には判断力がつかないものやね。
私はソファの下に潜り込もうとしていた。
あほ!わずか10センチの隙間に潜り込めるもんか!
あかん!
そこで初めて玄関へ。
増築した玄関部分は屋根が軽いから大丈夫よね。
ドアは開けてあるし。
コジロウといっしょに揺れがおさまるまで待った。

揺れはそれっきりだったので、
そんな笑い話でのほほんとしていたけれど、
震源地に近い娘のところは何度も余震があり、
地鳴りがして本当に怖かったらしい。
幸いガスも水道も大丈夫だったけど、
ラインに送って来たホームセンター内の写真は
水や食料の棚がほぼ空っぽだった。

遠く離れた親類や友人たちが心配して連絡をくれた。

ありがとう。


 DSCF3159.JPG


 DSCF3157.JPG


           DSCF3160.JPG




   世間はサッカーなんやね。



(なぜか行間がめちゃくちゃにアップされてしまう)



nice!(13)  コメント(9) 

返していらん

 

律は私の物だ!

律を返せ!!


わかるわかる、その気持ち。

朝のドラマのセリフ。

自分色だった律が違う色に染まっていく。

それを理解し難いんだよね。


親の気持ちと重なるなぁ。

息子や娘に配偶者が出来たときに、ちょっとそんな思いがした。


こっちのほうは返してもらったら困るんやけどね。


 DSCF3149.JPG

     年々小さくなるユリの花。

             今年は8個。



産直のお店で二種類の花を買った。

庭のグリーンを加えて、


 DSCF3147.JPG

紫のはストケシアと書いてくれてあった。

黄色いのは何だろう。 

ちょっとクサい。


 

お好み焼きや焼きそばに欠かせない物。


  DSCF3152.JPG


紅ショウガ。
母が亡くなったので、もう私が漬けるしかない。

去年から頑張って漬けている。



nice!(22)  コメント(13) 

グルグル


梅雨入りしたのかな

      

    DSCF3143.JPG


       DSCF3145.JPG



昨日は晴れていた。


デパートへは電車一本で行ける。

都会のデパートは楽しい。

何時間でも見て歩きたい。

でもね、最近は足が痛くて。

膝じゃなくて、靴を履いてる足が。

歩いてると足が膨張してくるのかな。

靴がキツくなってくる。

なので、お茶休憩を挟みながら、また巡る。


デパートは私たち世代の味方。

服のサイズが豊富で、するりと入るのがうれしい。

ちょこちょこ買ったりすると荷物が増える。

小物でも数点になると、これまた重い。


疲れる。


地下の食料品売り場、あそこは迷路だし、いつも混み合ってる。

ずいぶんご高齢の方が杖を片手にひとりで行動しているのを見た。

この方も電車に乗って来たんやろね。

すごいなぁ。

私、方角わからなくて同じところをグルグルやのに。



4時間ほどグルグル。

あぁ疲れた。



nice!(21)  コメント(11) 

家具の街


♪家具のまち たちばなどおり


CMで流れていたので名前は知っていた。

それがどこにあるのか知らなかった。


今、その「立花通り」が、オレンジストリートと名を変え、

オシャレな街になっているらしい。


先日、友人のT子と心斎橋でランチ。

オレンジストリートはここから近いらしいし、行ってみたいけど、

T子は興味ないかも知れんなぁ。


そんな事を思っていたら、T子のほうから

「オレンジストリートって知ってる?」

ありゃ・・私の心の中読んだんやろか・・

「私、行きたいと思ってたとこやねん!」と返した。

「あのね、こないだ娘がフォトウェディングしたとこがあの辺りやねん。

行ってみる?」

「行く行く〜!!」


私は事前に地図を見ていたので、だいたいはわかる。

アメ村のちょっと向こう。


あれ、やっぱりわからんわ・・・


信号待ちで音楽聞いてる今どき金髪ギャルに聞いてみよう。


「すみません、わかりますか?」


イヤホン外して

「はい、わかりますよ。」


いや、まだなんにも聞いてへんねんけど・・

と、彼女の顔を見て驚いた。


金髪ギャルとちがうやん!


どこの国の方か知らんが、

外人さんやった。

白い両腕には薄く入れ墨がしてある。


「この道をまっすぐ行って下さい。そして、右側見てて下さいね。」


ここで合ってるんやね。

御堂筋と平行に並んでいると思っていたけど、垂直やった。

日本人の私らが外人さんに教えてもらうなんてねぇ。


こちらに来て3年目だという彼女は、

別れ際に「お気をつけて。」と言うのを忘れず、

とても礼儀正しい方でまたびっくり。


オレンジストリートは、ほどよい間隔で家具屋さんが立ち並び、

各店それぞれに雑貨等も置いて、入りやすく工夫されている。

昔は高級家具店というと、入店と同時に店員が付いてまわるので行きにくかった。

それを若旦那たちが知恵を絞って改革したらしい。

最近はニトリとIKEAしか行っていないので、こんなところで目を肥やさないとあかんね。


難波からほど近く、

オシャレなカフェも増え始め、

ちょっと大人の、ステキな街になっている。


画像がなくてごめんなさい。



  今日は雨

  

 DSCF3139.JPG



nice!(18)  コメント(12) 

「無料」には裏がある

 

これ、いいんじゃない?

ちょうど休みの日だし、申し込んでみようかな。


新聞の折り込みチラシを見てそう思った。

フラワーアレンジメントの教室。


入会金 受講料無料

花材等の実費のみ 

しかもお休みした日のお花代はかかりませんと書いてある。

お花屋さんが経営してるのかな?

そうすると、花材も安いんちゃうかなぁ。

チラシを見る限りはそのようなイメージがする。


早速電話してみよう。


いや、まてよ。


ちょっと気になることがある。


チラシには○月○日スタートって書いてあるが、

このチラシ、何度も入ってる。

場所も同じだし、その都度気になっていたのでよく覚えてる。

お得でいい教室ならずっと続いてるはずなのに、

新たにスタートっていうのはおかしいんじゃないか。


電話する前に調べてみよう。


正確にはわからないが、行った人のブログが見つかった。


たしかに無料、

入会金と受講料はね。

しかし、材料費、場所代、テキスト代が・・・

みすぼらしい花材と100円ショップの花器、

その他諸々8000円に、テキスト代は別だとか、


その方は、もう二度と来るもんかと怒って、

みすぼらしい花代と場所代の3000円あまりを払って帰って来たそうだ。

自分以外に誰も来ず、講習もうけないままに。



チラシを捨ててしまったので画像検索して見たら複数出て来た。

場所と日にちを変えてあちこちでやってるみたい。


載せようと思ったけど、

営業妨害と訴えられたらめんどうなのでやめる。


それから、この手の悪徳は他にもあって、

アレンジメントの講師募集に応募した人が、

講習の出費ばかりで仕事はなく、

気がつけば、仕事をするつもりだったのに、

アレンジメントスクールに入学させられていただけだったとか。



私も着付け教室に通おうと思い、説明を聞きに行ったら、

二人の講師に囲まれて、

授業料と教材費のうん十万の契約をさせられそうになったこともあるし。


説明だけなら、電話だけなら、

いやいや、それさえもあぶないからね。


悪徳商法には気をつけてね。



nice!(22)  コメント(14) 

和と洋

 

薔薇が見頃なので


 DSCF3097.JPG

琵琶湖大津館 イングリッシュガーデンに


 DSCF3104.JPG


 DSCF3099.JPG


 DSCF3089.JPG


 DSCF3111.JPG


薔薇は美しいけど、とても暑い日だったのでそこそこに引き上げて


 


 DSCF3106.JPG

お目当てだったこちらのレストランはあいにく予約で満席。

フロントで聞いてみる。

「通りに出ると、王将、スシロー、さと、丸亀製麺が・・・」

「あの、そういうのじゃなくて、もっとオシャレなレストランは?」

「この辺にはオシャレな店はありません。」とキッパリ。


仕方がないので自力で

    

   DSCF3113.JPG


      美味しかったし接客もよかった。

        そこそこオシャレやし。



ふと思いついて、

以前気になっていた坂本の町並が、この近くだというので行ってみる。


何にも予習してなかったので、そういうときは観光案内所。

地図を片手にこちら、旧竹林院


 DSCF3122.JPG


 DSCF3115.JPG


 DSCF3126.JPG


 DSCF3130.JPG

 

茶室が3つもある素晴らしいお庭です。


坂本は比叡山の門前にあって、

里坊の町、修行を終えたお坊さんの隠居住まいなんだそう。

贅沢な暮らししてたんやねぇ。


 DSCF3133.JPG


他にもいくつか見学できるところがある。

こちらに映像も




   

和と洋のお庭探訪の日だった。

それにしても、

行ったことのない知らない場所、いくらでもあるもんやね。




  

nice!(14)  コメント(7) 

出費


バーベキュー

耳鼻科

歯科

動物病院

同窓会


あぁ、なんと今月はお金のいる月やねん!


おかげさまで、副鼻腔炎はすっかり良くなりました。

先週月曜日ぐらいから目眩もありません。

薬が無くなる頃にまた来なさいと言われたびで行ったのに、

ものすごく混んでいたので帰って来た。

もう行かなくていいかな。


フィラリアの検査と薬、狂犬病の予防注射。

保険が利かないので高い。


同窓会があるので歯医者に行って、前歯の汚れをきれいにしてもらった。

希望していないのに歯石取りの予約をさせられた。

歯医者もいつからこんなに高くなったのか。


中学の同窓会

会費も高かった。


全クラスで500名ほど。

連絡付いたのが200人あまりで、

そのうち100人弱が揃った。

何か面白いことあるかなって思って行ったけど、

会いたかったあの人もこの人も来てなかった。

元気でいるのか知りたかったのに。



ぞろぞろと押されて二次会に付いて行ったけど、

ビール一口飲んだだけで、

女子は1000円、男は2600円って・・・

私、100円分くらいしか飲んでない。

前に座ったオッサンらの相手もせなあかんし、逆にお金もらってもいいくらいやわ。

それにしても世のお父さんたち、

酔ったら金銭感覚なくなって、

こうやって二次会、三次会ってお金使ってくるんやね。


三次会に付いて行きそうになる友人のM子を必死で止めて、

女子だけ4人でカラオケボックスで締めた。


幹事さんはご苦労様でした。

私は、たくさんの人と会ったのでとても疲れた。

疲れて眠れなかった。


地味な生徒だった私、

私に会いたかった人もいないだろうし、

前の席で喋っていたオッサンも私のことなんかきっと覚えてはいない。

そういえば、つまらなかった中学時代。

活躍の場がなくて、

消し去りたい過去だった。



nice!(22)  コメント(13) 

煙の季節


今年も

あちこちで煙が上がってるね。



我が家も


 DSCF3054.JPG


薫製とかアヒージョも[かわいい][かわいい][かわいい]

        今年はオシャレなバーベキュー




        DSCF3053.JPG


    DSCF3046コピー.jpg


       テーブルはオトウサンが頑張りました。



母の日も近いので

  それぞれお花を持って来てくれた。



    DSCF3072.JPG


          みんな、えらい豪華な・・・・


 

                     ありがとう





nice!(17)  コメント(12) 

副鼻腔炎


行きつけの耳鼻科は今週はずっとお休み。

仕方なく初めてのお医者に行った。


花粉と黄砂。

はじめは左目がしみるような感じ。

それが治まったら目の奥から鼻にかけて違和感。


めまいは三月頃からで、たまにふらつきがある程度だったのが、

常にフラフラするようになってきた。


10年ぐらい前もこんな症状だった。

ブログを遡ってみると、2009年の秋だった。

それと、「副鼻腔炎 めまい」で検索したら、私と全く同じ症状が載っていた。

それやのに、

耳鼻科の先生は、「副鼻腔炎でめまいはしない。関係ない。」って言い切る。


顔面のレントゲンやら耳の検査、いろいろしてもらった。

耳は全く異常なしで、しかもよく聞こえてる。


「耳から来るもんでもないなぁ。」

だからね、ここが詰まってて頭が重くてフラフラするんとちゃうの?って思うんやけど、

イライラした口調で喋る人なので、何か言うと怒り出しそう。


レントゲン写真では思ったとおりの場所に、白いモヤモヤが写っていました。

「軽い副鼻腔炎ですね。めまい止めの薬も出しときます。」


結局めまいはなんやのさ?


いっぱい検査したので、ものすごく高かった。

財布がスッカラカン。

薬が買えないので帰ってからもう一度薬局に行った。

お医者と薬で日帰りバスツアーの値段やわ。[バス][あせあせ(飛び散る汗)]


薬は8種類もあるんやわ〜[ふらふら]


nice!(19)  コメント(11) 

ハイヒール

私も参加したことがある絵の展覧会が、

こちらも皆高齢になり、今回が最後だそうだ。

それでかどうか知らないが、いつもとは違う都会の画廊。

久しぶりに電車に乗った。

なんば駅から心斎橋に向かう。


20代は本町に勤めていたので、会社帰りにほぼ毎日寄り道していた。

心斎橋筋をハイヒールで闊歩する私・・・・

スタイルの良かったあの頃の私・・・・


しかし、今の心斎橋筋にはその頃の懐かしさはどこにもない。

ウキウキもワクワクもよみがえっては来ない。


道行く人はほとんどが外国人。

本来、季節感のある音楽が流れていてもよさそうなのに、

聞こえるのは中国語のアナウンス。


ここはいったいどこなんだ!


展覧会を見たあとは、地下街へ逃げ出した。

その昔「にじのまち」というネーミングだった地下街の「なんばウォーク」。

「ファッションの起点はにじのまちや。

       にじのまちで売れるもんを作るんや!」


取引先のブラウス屋さんの社長が言っていたなぁ。

ここに来ると思い出す。

今はわりあい空いていて、年令的に私にはありがたい。


時々お店に入り、

「はて、私はどっちから来たのでしょう???」

方向音痴は同じ所を3〜4回行ったり来たりして、なんとか駅にたどり着いた。


時代とともに街も私も移り変わる。

ハイヒールは足が痛くて履けなくなった。

ぺたんこ靴のオバサンは、闊歩という言い方にはほど遠く、

ちょっと歩いただけで疲れてヨタヨタウロウロ。

早々に街から引き上げて来たのでした。



nice!(22)  コメント(12) 
前の10件 | -