So-net無料ブログ作成

壁に耳あり障子に目あり 洗濯機にも耳はあり

噂話とか、悪口とか、そういう話ではない。

実は10日ほど前から体調が思わしくない。

私ではなくて、

毎日頑張ってきた洗濯機のことよ。

動くことは動くんだけど、すんごい奇声を発したり、

弱流でしか回らなかったり、

オトウサンが診てはくれたけど、どこが悪いのかわからない。


最近は脱水がうまくいかない。

洗濯物を手で均一にして、5回か6回目くらいでやっと回る始末。

修理に来てもらおうか、それとも新しいのを買おうか。


昨日は最悪だったので、

ついに決心して、私が今朝、

「オトウサン、ΟΟ電気のポイントカード出しといて!」

と言ってるのを、聞いていたのだろうか。

洗濯機のヤツは、

10日ぶりに、

フルコース止まることなく、静かに運転が終了し、

正常なピーッピーッの終了音。


あれ?直った??

 

 

  nina2.jpg

     nina4.jpg

          hina3.jpg

              hina1.jpg

   hina5.jpg

         ohinasan2012.jpg

 

 

              もうすぐひな祭り [かわいい]

         春の足音、聞こえる?

 

 

続きを読む


nice!(16)  コメント(15) 
共通テーマ:日記・雑感

どん引きのプレゼント

Eさんと食事に行って聞いた話。 


ある日Eさんは、デッサン教室の先輩Aさんの個展を見に行った。

感想を言わないといけない。

「あの絵が好きやわ~! ものすごく良かったわ~!」 

こういう時は、お世辞、おべんちゃら言いますよね。

「そんなに気に入ってもらえたのなら、個展が終わったら差し上げます。」だって。

びっくりしたわ。

それなのに次に会ったときには、

「タダだと大切にしてもらえないから額代込で5万円で。」って言うのよ。

「え~~~」よね~

ほんとは何十万もの値段がついてるとはいえ・・・

私、ちょっとでも安く買取りたいから

「家に額があるから絵だけでいいです。」と言ったんだけどね、

「じゃあ、額代込みで4万円でいいですよ。」って。

仕方なく買い取って家に置いてあったんだけどね、

あるとき友達が来て、その絵が好きだって言うもんだからプレゼントしたの。

これ幸いよ~。


ほんとはEさん、Aさんの絵は好きではなかったらしい。

 

もうひとつEさんの話。

ある喫茶店に、知り合いのNさんの絵が置いてあった。

お店のママさんに聞いてみたところ、

常連客のNさんと親しくなり、

「この店に私の絵を置いて!」と言って持ってきたのだという。

それがね、前に行った時は二枚の絵が

    それぞれ別の壁に立てかけてあったけど、

次に行ったら片側の壁に重ねて立ててあるのよ。

Nさんの手前、断れなくて、仕方なく置いてるみたい。


Nさんの絵も何十万のお値段が付くそうだけど、

お店の雰囲気に合わなかったのか、

もしくはママさんの好きな絵ではなかったのね。

 

 

 

絵にまつわる、今度は私の話。 

独身時代に貰ったお誕生日プレゼント。

     チョコレートと

  板に描いた油絵。


私の肖像画
だった。


あ・・・ありがとう・・

と一応お礼は言ったものの

(いやや!私、こんなブサイクちゃう!!)


 

絵って、描く人の自己満足の世界なんだなぁ。

そういえば、

私の自己満足の絵を無理やり差し上げたこともある。

達成感も満足感も味わった後なので、

もう好きな絵で額を使いまわしてもいいのよ。

 

ところで

あのブサイクな肖像画 

「いらん!」

    とも言えずに


今も押入れのず~っと奥に

             たぶんあるはず。

 

捨てたらオトウサンに怒られるので。

 

 

 


nice!(24)  コメント(16) 
共通テーマ:アート

落ちて行く私

センスの良いカフェをやりたい・・とか、

漠然と思うことはあるけれど、

そのノウハウもなければ資金もない。

かといって、

絵を描いたり編み物するだけの毎日ではつまらないなぁ。

それに収入もないし。

 

 

ある日、ふと思ったのである。

いったいなんで、今、こんな仕事してるんやろ・・・

配属された時とはちがう。


店長はいい人だけど、

この仕事、私に似合わん!



だんだん下品になっていく私。

このまま

 ガラガラの大阪のオバチャンになっていいものだろうか。

 
      [遊園地] [遊園地] [遊園地] [遊園地] [遊園地] 



「なぁオトウサン、どう思う?」



「何をいまさら。

   もうずいぶん前からガラガラのオバチャンやで。」


  
えっっっっっ [がく~(落胆した顔)]

 

いまさら上品な仕事しても・・・

 

 

 

 

今年の節分

 setubun2012.jpg

北北西に向かって、

「上品になれますように」って、願えばよかった!

 

 


nice!(18)  コメント(16) 
共通テーマ:日記・雑感

ぬるま湯の日々

炊きたてのご飯、

炊飯器の蓋を開け、おしゃもじを入れると、

「めりめりっ」ていうよね。

(擬音の表現は様々だけど、私にはそう聞こえる)

ちょっとだけ幸せを感じる瞬間。

オトウサンの実家から送ってくれるお米が底をついたので、

安いお米を食べていた時があった。

そこで気がついたんだけど、

安いお米って、

おしゃもじを入れても「めりめりっ」がないのよ。

あの音は粘りが関係してるのね。


暮れにお米が届いて、また幸せになった [ぴかぴか(新しい)]

 

 

娘とディズニーランドに行ったとき、

電車の中で、娘がバッグからリップクリームを出したのを見て、

「あっ 私のとおんなじ!」

売ってるリップクリームは種類が半端なく多いのに、

私のとまったく同じメーカーの同じ種類。

 

お正月前に家に帰って、こたつの上を見て爆笑する娘。

そこに置いてあるハンドクリームが、

「アタシとおんなじや!」

ハンドクリームの種類も半端なく多い。

しかも、割合マイナーな会社の地味な容器なのに。


私と母にしても、こんな母娘の不思議ってたまにある。

 

 

 

 

今日こそは絵を描く!

  と、庭に出てパンジーなどを摘んで、

 

     sutokku pannji-.jpg

         筆を持つこともなく、 

                ここで終了。

 

オトウサンが与えてくれた題材もある。

  ko-rurabi5.jpg  

     コールラビ、いい形してるね。

           
                     このまま既に4日経過。

          
      今日も筆を持つでもなく・・・ あぁ~

 

 


nice!(19)  コメント(16) 
共通テーマ:アート