So-net無料ブログ作成

外食の憂鬱


嫌いな物

「エコ箸」

 

以前よく通っていたお店が、割り箸ではなくエコ箸に代わっていた。

いやだ。

お料理は美味しいので好きなお店なのだけど、もう行くのをよそうと思う。


別の日、回転寿司に行ったら、そこもエコ箸だった。

いやだいやだ!


また別の日、ラーメン屋さんに行ったらまたエコ箸だった。

いやだいやだいやだ!!!


ひょっとして飲食店はエコ箸にしないと罰金制にでもなったのかい?


それからまた別の日に行ったファミレスもエコ箸だった。


「あのう、割り箸はありますか?」

「はい、どうぞ」

すぐに取り替えてくれた。


そうか、割り箸も置いてるんだね。

これでまた好きなお店に食べに行ける。 

 

 DSCF1268.JPG

      庭の隅でひっそりとアマリリスが咲いていた

            よく見える場所に移動して主役にしてあげる 

 

 

     DSCF1257.JPG 

 

 

 DSCF1267.JPG 今朝のコジロウ 


nice!(14)  コメント(10) 

いよいよ


2年前に家のリフォームをした際、見積額があまりにも高額だったため、

やむなくお風呂とトイレはまた今度ということに。


しかし、タイルの割れたお風呂の壁や、扉が壊れた洗面台。

それに大量に水を使う古いタイプの便器。

このままではいけない。

「また今度」が「もういよいよ」になって来た。

いよいよ業者に電話しなくちゃ。

受話器を取るが、反射的に工事中の不便さや資金のことが脳裏に浮かぶ。

電話をやめる。 

そうして今日に至るのである。


チラシで選んだ1社、

えいっ!と、勇気を振り絞って電話をし、相談に行った。

まずは第一歩進んだのはいいけれど、 

我が家は在来工法の古い家、

タイルを壊したりしないといけないので、

チラシ価格よりは、はるかに高くなるそうだ。 


「そのご予算だとお風呂だけですね。」って。

       
       前途多難やわ〜 [ふらふら]

 

 

   DSCF1241.JPG

              コジロウには関係ない 

 

 


nice!(26)  コメント(13) 

今日はあかん!


母は色々病気を抱えていて、通院は私が付き添っている。

この、超マイナス思考の母との病院の待ち時間が、非常に苦痛なのである。

世の中で自分がいちばん不幸だと思っている。

それを少しでもたしなめると、

「いちばん可哀想な私を皆がないがしろにする」と言って泣くので始末が悪い。

先日も、「薬の副作用で足が痛くて歩けなくなった」というので心配していたら、

弟嫁から「歩いてトイレに行ってるで〜」と後で電話があった。

2日の予定で入院したのに、入院生活が快適なもんだから、

「もう一晩泊めてもらう」と言ってきかず、

結局4日も入院して、たぶん足の筋力が弱ったんだと思う。

痛み止めが効いて、昨日はもう買い物に行ってきたらしい。

被害は私だけに留まらず、母の妹にも電話で愚痴って、

良くなるともう忘れるので、愚痴られた叔母は心配で気が気ではないのである。

弟嫁が後始末の電話をするんだとか。


ほんまに、父はこんな母のどこが良くて結婚したのだろうと、

「自分の存在」を忘れてそんな事を思ってしまう。 

 

たまには都会に出て買い物でもして来ようと、

朝から出かける用意をしていたら、

「今日は2時から病院やから」とまた電話。

いや、今日は用事がある! 今日はあかん!

母は不満そうやったけど・・・

弟嫁が行ってくれることになった。

弟嫁ごめん!

 

それで、結果は特に変わりなかったようで。 

 


nice!(19)  コメント(11) 

鬱々


あぁ・・・

なんだかね

毎日がつまらない

今まで私、何してたっけ

退屈なことはなかったはず

友達にメールするほどの話題もなく

庭仕事もいまいち楽しくない 

 

鬱かなぁ

 

そう思っていたときに娘からメールが来た

他愛もない内容だったけどホッとする


あっ[ひらめき]


これは「娘ロス」という症状なんだ!

何でもない会話をする相手がひとりいなくなっただけ

思い返せば「息子ロス」だったときもあったなぁ


娘も「母ロス 」でメールしてきたのかな

ちゃうよね

ラブラブやもん 

母のことをちょっと気遣っただけやね 

 

 

      題「母娘」

     DSCF6818.JPG 

      左が日焼けした24・5センチの娘の足 

         指の付き方がまったく同じ


nice!(15)  コメント(11) 

減らない

 
 母の日

 DSCF1227.JPG 

             新しい家族たちからそれぞれ

 

庭でバーベキューをして

それぞれの家に帰って行った。 

みんな帰って行った。 

 

  DSCF1229.JPG

     庭の花たちが慰めてくれる。 

 

 

 

洗顔石けんを買った。

お試しサイズの洗顔石けん、

使い心地はいいと思う

よし、正規のを注文しよう。 

ところがこの石けん、

お試しサイズとはいえ、なかなか減らない。 

たった20グラムの小さな石けん、

説明書には2週間分と書いてあるけど、

3ヶ月経っても4ヶ月経っても・・・まだある。

11月中旬に買ったので、ほぼ半年。

昨日ついに完となり、やっと新しいのを出した。

正規の石けんは40グラムで1ヶ月分らしいけど、

この調子だと1年は持つんやろうんか。

そうすると、

3000円もするけど、 

 

  安い!

 


nice!(17)  コメント(8) 

5月5日のミステリー

 
GWの最中、

オトウサンと行き当たりばったりのドライブ


ナビがおかしくなって、

誘われるようにここに着いた。 

 

 DSCF1196.JPG

車を停めて、石段を上がる。

はっぴを着た子供がいたので聞くと、御神輿が出るのだそうだ。 

 

 DSCF1198.JPG

こちらで責任者と思われるスーツ姿のオジサマが、二人座っておられた。

通りすがりでここに来たことを告げると、

「何かのご縁があったのですね。」

そのうちのお一人、Sさんが案内してくれたのがこちら。

 

 DSCF1206.JPG

   DSCF1203.JPG

  この建物のカギを開けて、

  ここに眠るお宝を私たちのためだけに見せてくれた。 

 

  DSCF1220.JPG

      DSCF1219.JPG 

        昨年末、某美術館で特別展があったそうです。

 

そして、お宝について熱く語られました。

とても興味深いお話でしたよ。 

 

まだトイレ等の設備が出来ていないので、公にして大勢来られたら困ると、

観光マップにも載せていないそうで、

それでは私も詳しくは書かないことにしよう。

 

たとえ探し当てて行かれても、

この方にお目にかからなければお宝は拝めません。

 


nice!(16)  コメント(13)